40歳からの武道の始めかた

種目の選びかた、道場の探しかた、稽古を続けるコツなど…。銃剣道をはじめ、剣道、なぎなたなどの「得物系」武道の話が中心になります。

カテゴリ: 武道全般

40歳からの武道の始めかた、お読みいただきありがとうございます。 このブログでは時々、武道を知るための参考となる書籍をご紹介していますが、これはまだ採り上げていなかったようです。(重複していたら申し訳ない)

今、なぜ武道か ― 文化と伝統を問う ( 中村民雄 著 日本武道館 発行 )
※日本武道館公式サイト http://www.nipponbudokan.or.jp/

2007年8月の刊行ですから、ちょうど10年前の本。とはいえ時代を問わない普遍性を持った内容です。難しいといえば難しい本なのですが、知的好奇心をそそられる内容でもあります。日本武道館公式サイト内の「書籍紹介ページ」に目次が載っていますが、興味のある項目だけ、パラパラと捲ってみるだけでも面白いです。ちょっと時間の取れたときにでも一読されてみてはいかがでしょう? 公立図書館に所蔵している可能性も高いので探してみてください。
今回もお読み頂きありがとうございました。


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加




スポンサーリンク



 40歳からの武道の始めかた、お読み頂きありがとうございます。

 僕は銃剣道をしていますが、普段稽古をしている場所は公立の小学校や高等学校なので『AED(自動体外式除細動器)』が設置されています。近年、設置場所はこうした学校やスポーツ施設だけでなく、公共施設や大型商業施設など、どんどん拡がっています。

 ところで、『救急救命(心肺蘇生法+AED)』の講習を受講したことがあるでしょうか?現在では客室乗務員とかホテル関係など業種・職種によっては受講を必須としている企業もあるようなので、受けたことのある人も多いと思います。僕自身も過去に何度か受講したことがあります。消防や赤十字その他の団体等で実施しているようですが、もし、どこで受講するか迷うようであれば、僕は消防をお勧めします。その理由は「費用が比較的安い(地域によっては無料。ちなみに赤十字も比較的安い)」ことと「講師が基本的に救急OBなので経験に長けている」ことです。

 講習を受講することによって、自分自身の身体や健康、安全に関心を持つ良いきっかけにもなります。このブログは武道(スポーツ)をテーマとしているのですが、スポーツにかかわらず、日常生活上の知識として心肺蘇生法・AED使用法というのは知っておくべきだと感じています。

 今回もお読み頂きありがとうございました。


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加




スポンサーリンク



↑このページのトップヘ