40歳からの武道の始めかた、お読み頂きありがとうございます。

秋らしくなりました。今くらいの季節には、稽古後の体調管理に注意をしたいものです。稽古中にはかなり汗をかきます。稽古後に道着を絞(しぼ)れば、汗が滴り落ちるほどです。そのいっぽうで、稽古後には涼しさを実感します。体育館や武道場の窓から、虫の声とともに入ってくる風は、やや肌寒さすらあるでしょう。ちなみに冬場の稽古であっても汗はかきますが、まだ夏の延長である今の時期とはやはり違います。

そのようなわけで、タオル と 着替え は必須になります。仕事帰りに稽古に出る人などはちょっと携行が面倒ですが、そこは何とか工夫をしてみてください。

また、これから武道を始めようと考えて、見学に行ってみようという場合。このときも、タオルと着替えを持っていくことをお勧めします。実際、見学を願い出た際に「(タオルや着替えを)持って来い」とは言われないでしょうし、純粋に見学であれば汗もかきませんが、場合によっては、ちょっと“体験”させてもらえるかもしれません。その際にタオルと着替えがないと、かなりつらいと思います。

:このような体調管理がいい加減で、風邪をひく人も時々いるので「武道を嗜む者」としてというよりも、「社会人」として気をつけたい、と僕自身も思っています。とにかく、タオル と 着替え を忘れずに…です。
今回もお読み頂きありがとうございました。


人気ブログランキングへ